境界がとても鬱陶しいから

このブログは過去の体験や直近の出来事を自分に正直に、何も考えず、ただ自分の純粋を吐露するツールとして存在している。

つまりどういうことかというと、メンタルヘルス発達障害の観点からの言及(フィルター)は極力避けて、欲求や衝動についてただ素直に書き殴る、自分への告白の場でもある。こういった承認欲求満たしツールは、時代により変われども必要不可欠で生きてきた。ブログだけでなく、Twitterや他のSNSもそうやって、自分の正体をあやふやにして、特定のクラスタにカテゴライズされぬように使ってきた。

例えばTwitterのプロフィール欄で、

ADHD/ASD/LD/AC/双極性障害/摂食障害/反社会性人格障害/醜形恐怖/希死念慮/自傷/精神科暦17年/エロトフォノフィリア/犯罪心理学/依存症/FTx/既婚

と、自己紹介をすることは至極簡単だ。これで人格丸わかりってもんだ。超わかりやすいし、普通は絶対にお近付きになりたくない。

一方、似たようなプロフィールを書いてる奴らが大群で押し寄せてフォローしてきて、
仕切りにコミュニケーションを求めてくるし、ちょっとでも距離が縮まれば理解を示してきたり求めてきたりする。僕はそれが嫌で嫌で仕方がないのだ。

自分で自分を全く理解していないし、自分で自分を超嫌いなのに、あなたと同じですよと近づいてくる人間が一番苦手なのだ。自分みたいな人間が嫌いなんだから、当たり前だ。

僕には自分の存在自体をネタとして扱ってくれるようなクラスタにふわふわ滞在して近からず遠からずの距離を保つのがとても合っている。それはSNSを自分や他人を理解したり、同族意識や同意を求めたりするためのツールとして捉えていないとも言える。

そもそも共感能力欠如のために理解や同意をされたとしても、相手に対してはそれらをすることができないから自ずとこうなったってだけの話なんだけれどさ。

ただ、最近は、発達障害の治療を自分としては結構頑張っているのもあって、その治療過程や二次的な精神障害について、こんなクソみてーな僕の30年間を綴ることができないかと思っている。
やるとしたら別ブログで、冒頭に述べたこのブログの趣旨とはちょっと違うからだ。

歳をとったからなのか、仕事をやめたからなのか、自分でも理由は不明なんだけど、近頃こう思うことが増えた。

もし世界に自分が体験したような、障害や、家庭環境による人生の困難さを抱えた若い人間がいるとするならば、僕を見ろと。

子供の頃から明日死ぬかもと思い続けて、何故か30になっても自分を保ったまま生きている。相変わらず苦しい日々だけど、あの頃よりはマシなんだぜ。

そんなふうに。
一人だろうが何人だろうが、いるのかもわからないけど、若い頃の僕みたいな人間のために、他人のために書く雑記帳を持ちたいなという、チャレンジの話。

しごと疲れた

今週はずっと絵コンテの仕事をしてるんだけどめちゃ疲れた。明日朝イチ締切なので漢方飲んでがんばっているよ。がんばるよ。納期タイトすぎて死亡、ただ絵を描く仕事は好きだし尊敬する人物からの依頼なので受けるのは受けるんですがでも無理……ゲームしたい……圧倒的死にたさ………。

読まれるために書いてないやつ

公開しているので読むのは自由、ただし前記事必ず参照のこと。

 

 

僕へ(必読)

まず覚えていてほしいのは、今日想像した性的対象が実在する知人だということ。
そして、その子を思い浮かべてしまったことで、その子とどうにかなりたいのかもという潜在意識に気づいてしまったこと。

この記事を読み返すたびに、自分の穢れを恥じ、罪をみとめ、祈ってください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かなり乱文
言葉遣いも汚い
人に見せる文として書いてない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


リスカする子だから、まず僕の前でリスカしてほしかった
僕の方じっと見ながらゆっくりジワッと薄く血がにじむ程度のクソしょーもねえリスカがいい、まあ自分でやってるしその程度だから表情かわらないのはわかりきってるけど、でも、いつもみたいにやってみてほしい。どんな痛みで、どれくらいの出血でこの子の安定した精神が保たれているのかしりたいだけだから、リスカしてる間もめっちゃ質問したい

何箇所かやってもらって、流血があれば少しなめたい。味見したい。なければないでいい、切るの交代する。僕がやる番。まだ相手は無表情だと思う。

僕は剃刀じゃなくて、ああまだいいか剃刀で。相手の腕を取る、この子が自分でつけた傷を見て同じくらいの傷をつける
相手はまだ無表情だと思う。白くってきれーな腕!!静脈ギリギリの所まで切って思い切り舐めたい!きれーな手首!


あの子はここでもまだ無表情な気がする、でも多分、僕はもうこの時点で我慢できないと思う一回キスしたい、キスしたら思い切り床にぶん投げたい。打ちつけたらフローリングがゴンって鳴って、目をつむって、ほんの少し痛そうな顔をすると思う。そしたらすかさず馬乗りして追い討ちをかけたい、今までの予想範囲内の痛みとはまたちがった…たとえば首を絞めてみたりして恐怖の顔が見れたら最高殺さないよ殺さない殺さないけど、なんでもいいからこの子の本当の、生きてる感じの表情を見たい。初めてあったときから生きてないみたいだったから、生きてるのを見たい。でも、この子はそこまでの発露はまだしないと思う。次に馬乗りのまま口に指を突っ込んでオエーってしてほしい そしたら生理的な涙は見れると思う苦しい感じの顔もするだろう。そしたらいよいよぼくは耐えられなくなりそうになるけどまたもっかいキスする キスしたらまだ理性が保てる気がする、いや保ててはいねぇんだけど まだ殺さずに済むような気分になる。キスしたらまた張り倒す

相手は徐々に危機を感じて、だんだん怯えてくるだろう。でも僕はもう駄目だからこのへんで多分さっきのしょーもねーリスカの傷のある腕らへんを切るか刺すだろうめっちゃ楽しいと思うなんかわかんないけど笑えてくるくらいには楽しいだろう。そんでとてつもなく興奮するだろう。ここで一度絶頂かもしれない。
相手はいよいよ逃げの体制に入るが、僕は絶対に逃さないし反撃してきたら殺しちゃうから、一旦拘束する。相手は静かに泣いていて絶望してとても可愛いくてギューと抱きしめたい。ほっぺたを噛みたい首を噛みたい耳を噛みたい脇腹と背中をサーって触りたい。太もももサーって触りたい。そんでしばらく今日のこととか昨日のこととか食べ物のこととかアニメのこととかなんでもいいから話したい。質問したいし、質問されたい。笑ってくれとは言わないけどここで穏やかな表情を一瞬でも見せてほしい。話疲れたら、一気に殺したい 刃物で殺したい いっぱい殺したい 穏やかな表情から完全な絶望の表情になった瞬間を、生きた顔を目に焼き付けて、一気にやりたい 息切れするくらいに興奮するだろう アドレナリンが出まくってわけがわからなくなりそう笑うか泣くかとにかく自分もすごい生きてる感じがするんだろう。返り血を浴びればもっと生きてる感じがするんだろう。まさに絶頂だ。 
ふーってため息ついて落ち着いてきたら
最後にもっかいだけキスして、 

そしたらまたいつもの僕が戻って来て、
何事もなかったみたいに帰るんだろうな
そして自分の欲に勝てなかったことを苦しむんだろうな

性衝動があった

外の空気って、特に春の夜ってさ、ひどいバイオレンスに満ちてる。ホントひでーの。めちゃエグいんだよ、浴びるだけでヤベーの

 

皆さんご存知のとおり
僕って 加虐性愛とか破壊衝動とか
重症のときは殺人願望とか有るじゃん
まァ、いいじゃんそれだけなら
ただの性癖で、ただの願望だから

僕は馬鹿だけど
一応理性はあるから、
なんとか変態セックスとかで
そんな衝動を抑えて防いだり 

何年か前にセックス禁止になっても
ほんと色々、手を尽くしてさ
がんばって がんばって
今も我慢してんじゃん、してきたじゃん

だって、そりゃあそうでしょ、
小学校低学年の子供が虫を殺すみたいな、
低能な加虐性が自分にあるだなんて
思いたくもないし、恥ずかしいんだって

 

 

でもやっぱ今日思っちまった
人殺してえなあって


だから次の記事は
ここに文章として発散して、
くだらん欲望を殺すために吐き出す、ただの戯言

 

気持ち悪いと思うから、

読まないほうがいいぞ

人間

毎日クタクタになりながら会社で仕事をする人は、人間だ。

ヒステリックになりながらも育児に精を出す主婦も、人間だ。

近所のワチャワチャうるせーガキ達も、これからを背負った、人間だ。

パリピも人間だし、オタクも人間。
中国人も、メリケンも、一部の原始的な部族も、人間。

あの憎たらしい母も、母である前にまず女で、人間なのだ。

あの憎たらしい義理父も、父である前にまず男で、人間なのだ。

そう考えると、僕を貶めてきた家庭、学校、環境、社会、あらゆる事を赦せます。

唯一、自分は人間かどうかわからない。 
だから、一生赦せないのです。

やられたらやり返す

親も、人間だ。

僕は両親が離婚した十歳の時にこれに気づき、以降、親の誰かが目の背けたくなるような滅茶苦茶を起こすたび、この言葉を自らに言い聞かせてきた。

例えば、母親が不倫していることを知った時とか、義理の父親がダイヤルQ2で高額になった電話代の犯人を僕に仕立て上げた時とか、実の父親が再婚相手と結託して僕を家から追い出してきた時とか、マトモに受け取ったら精神崩壊必至みたいな状況のなかで、この「親は人間」という呪文は、本当に魔法みたいによく効いて、僕の精神的ダメージを幾分和らげた。

しかし三十歳になり、自分に子どもはいないが同年代の人々がポンポン出産をして、大事そうに子供と接している様子をSNS等で見ていると、実は今までの僕は大変な勘違いをしていたんだと思うようになった。

幸せそうにしている家庭の親はどう見ても、人間である前に親なのだ。自分の本来の欲望や願望は二の次にして、自分の子どものために働いて、自分の子どものために飯を作って、自分の子どものためにいろいろなところへ出かけて、自分の子どもを育てるために自分を育てている。

これは語弊でも差別でもなく、また批判でもない。子どもの目線から見た、非常なる羨望だ。しかし、よく考えれば(よく考えなくても)、そんなことはすぐにわかることだ。日頃ニヒリストぶって「性行為はただの人間の本能」などと豪語してしまう恥ずかしいボクちゃんだが、まさにそれと同じく、子どもを産みたいだとか、子どもを可愛がりたいとかいう気持ちも、言うなれば人間の本能なのだ。

だからこそ、僕を取り囲んできた「親らしき人々」は、父方も母方もそんな人間の本能を無視した呪いの欠陥家系なのだと思うし、そのハイブリッドである僕であるから、子どもなんていらないと思ってしまうのも無理はない。

親は、人間であってはいけない。

今の僕はそう思うことで、過去にいた「親のような立場の人たち」への憎悪を膨らませている。そして憎悪を膨らませることは、決して、悪いことじゃない。ただただ、僕は僕を守ろうといつだって必死なのだ。

 

去年挙げた結婚パーティーに、驚くことに実の父母が揃って来る事になった。その中で僕は「母親は人間であってはいけない」話をして、母に恥をかかせたいと思い、わざわざ原稿まで用意した。

しかしそんなクソみたいな母のために、わざわざ出向いてくれたツイッターの友達や会社の人たちを巻き込むのは大人気ないなと気づいて「辛いことがたくさんあったし、母は今でも苦手ですが、親も人間だと思うと許すことができました」という、僕の中ではちょっとだけ古い感覚で、具体的な出来事を曖昧に表現しながら、ぶっつけで話した。

このスピーチをした時、僕はかなり久しぶりに母親の目を見た。僕の言葉の棘が刺さった母は泣いた。周囲は感動の涙だと思っただろう。

しかし違う。僕が本当に言いたいことが伝わって、しんどくなって泣いたのだ。本当バカ女だ。それで、そんなめでたいであろう席で、本来は感動を誘う親への手紙のシーンで、僕は母親のそんなリアクションを見て、こう思った。

 

ざま〜〜〜みろバ〜〜〜カ!!!!!!!!

 

稚拙だろ。子供染みてるだろ。いいんだよ、だって、僕はあいつの子供だから。僕だって、子供の頃は虐待されようがなんだろうが、母のことを好きだった。とても大好きだった。そんな子供の僕をたくさん裏切って、ひどいことをし続けてきたのは母親だ。正直言って、僕も仕返しをしないと気が済まない。

時間を重ねるごとにどんどん母を嫌いになってくけど、絶対に縁を切ることはしない。何をしても「私の子供だから、仕方ない」って思ってほしい。 今は思ってもらえなくて距離を置かれてるけど、死ぬ間際に後悔してほしい。目一杯後悔しろ。

僕は人間である前に、子供でいたい。

そんで、子供だって、人間なのだ。

愚かな事に、そういうやり方でしか、僕は僕を守ってあげることができない。

 

追伸

結婚パーティーに来てくれた方がこの記事を読んで、嫌な気持ちになってしまったら本当に申し訳ありません。ここにお詫びいたします。

ただの日記 つまんないよ

死にたくて死にたくて眠れない日がここのところ続いている。直接的な原因は抗うつ剤の減薬に間違い無くて、あとは、やらなくてはならないことを長期間放置し続けていたツケがいっぺんに来ていて、そんなんが死にたさを後押ししている。でもそれらは、だいたいが金さえあれば解決するものばかりで、誠にくだらん死にたさだ。

金を得るには仕事だ。でもまず、仕事をやりたくない。三年間の社会人生活は思っていたよりずっと、僕のアイデンティティに大打撃を与えた。

何がアイデンティティだよクズと思うかもしれないが、僕は僕のアイデンティティに思い切り寄りかかることでしか現在の自己を見出すことができない可哀想なタイプの人だ。他人の評価が僕を形成するなんて絶対にあり得ないし、過去の僕の積み重ねが今日の僕を形成しているなんてのも絶対にあり得ない。朝起きた時、いくつかのアイデンティティがそこにあるから僕は今日も僕でいられるのだ。

そういう意味で、本当はやりたくない会社勤めというものを長期でしたことは自我の破壊行為になってしまった。そりゃそうだ。三年間、毎日、本来の自分を忘れる努力をし、自分は紛れもなく立派な社会人であると言い聞かせたからだ。セルフ洗脳である。その洗脳を解くのに思いのほか時間を要していて、その間にたまった問題が今大爆発を起こしているのだ。

あー死にたい!面倒くさい!あと笑顔の眩しい巨乳の女とランデブーしたい!アイスも食べたい!しかしそんな日銭もない!何故なら仕事しないから!自己破産の手続き面倒くせー!執筆の仕事もデザインの仕事も超面倒くせー!妄想の中の実在しない実家に帰りたい!実在しない実家で実在しないお母さんに世話してほしい!!障害年金をまるごと小遣いにして、一生その実在しない実家で働かずに暮らしたい!!ブログ書いて、不謹慎なこと考えて、絵や文を書いて、息抜きにゲームして、煙草吸ってコーヒー飲んで、犬のうんちとおしっこ掃除するだけの毎日を過ごしたい!もう既に過ごしてるな!?死にて!!!!!!!

 

 

テレビ

小学校高学年頃から、クラスメイトがやたらとテレビの話をするようになった。ASAYANがどうとか、めちゃイケがどうとか、主にバラエティ番組の話だったと思う。自然の摂理だがテレビの話ができないとなると特に女子は、だんだん孤立していく。

今でもテレビが苦手だ。何が苦手かって、バラエティ番組がまず苦手だ。ちょっとちょっと、そんなにいっぺんに!?となってしまう。いろいろな種類の音楽、効果音、タレント、服装、髪型、スタジオの装置など、情報が多すぎて追いきれないというのが理由だ。

それだけならばバラエティを避ければいいだけだったが、情報の乱入という点で何よりも苦手なのは、ちょいちょい挟まるCMである。上述のような多くの情報が、CMではなんと十五秒ごとに全く違ったものに入れ替わるのだ。卒倒する他ない。好きな映画はセリフを全暗記するまで繰り返し見るという類稀なしつこさでお馴染みの僕であるが、だからこそ散乱した情報から、自分に必要な情報だけを選択取得をすることが極めて困難なのである。

今の時代は幸いなことにオンデマンド配信や衛星放送もあるので、僕は専ら、そういったものでコンテンツを楽しむことにしている。

例えば、よく「テレビはなんとなくつけてる」という人がいる。僕のような脳カタワには到底理解のできぬ感覚であるが、僕はこれが羨ましい。テレビに限らず「なんとなく雰囲気のいい音楽を流す」とか「なんとなくオシャレな映画をリピートして流しておく」という感覚は、多分これからも一生理解することなく死んでくんだろう。変わらず、音楽を聴くときは他に作業もせず目を瞑って聴くんだろうし、映画のDVDを見るときは誰かがティッシュを取る音すら許さないくらいの静寂を求めて、だから誰かと一緒に楽しんだり、そのコンテンツのコミュニティに属すことができぬまま、僕は死ぬんだろうな。悲しいな。

就職したとき、会社の中でもテレビドラマやバラエティ番組の話をしている人々がたくさんいて、僕は心底、驚嘆した。大人になってもテレビの好きな女達がたくさんいるのは変わらないんだということが初めてわかって、冷や汗が出た。無理にでも観ようと、観て、話をしようと、そう試みた時期もあったがやはり難しかった。

でもいい。僕は皆がテレビを観ている分、違うことを沢山、自分の頭で考えているから、いい。理解者は自分しかいないが、自分の頭で考えることが僕の生きることだから、それでいい。

とりとめもないし上手くまとまんないんだけど、なんてことないテレビの話。

一番好きなテレビ番組は『世界の車窓から』です。

そんなのアリー【第一夜】

アリかナシかでいうと完全にナシ

 

薄暗いような、明るいような。オレンジのような、紫のような。朝のような、夜のような。きっぱり断言できない、不思議で気持ち悪い空だ。それともか、ベッドに横になって窓越しに見ているわけだし、この景色はもしかしたら夢かもしれない。ぼんやり曖昧にさせていた意識を、徐々に自分に返していく作業をする。

部屋に閉じこもって鍵までかけて、クソほど暑いのに窓も閉めきって、家の人たちは、寝ているか、出かけているか、テレビを見ているか-。わからないけど。そういう、実際にいる人間とか、実際に流れる時間とか、実際に通わなくてはならない学校がどうとか、そういう情報に私はもう、とうとうついていけなくなってしまった。

頼んでもいないのに勝手に朝が来て、勝手に夜になり、その短い間に高校生のするべきらしいことは山ほどあって、でも正直、私はそれどころじゃない。特に最近は離人感がひどくて、このままだともしかして別の人格が出てくるんじゃないかと思うくらいだ。

入院はしばらくしていないが、田舎の精神病院はドグラ・マグラに出てくるようなスゴイところで、マジで人間として扱われない。入院したらかえって病状が悪化して、悪化しつづけて、死ぬまでもう二度と出られないようなところだ。これは大げさではなく、前回入院した女性病棟には家族に見放された四十年、五十年選手が山ほどいた。というかそういう人が大半だった。

どこの病院だって急性期病棟以外は、病院が家みたいな人たちがいるけど、そういうものじゃない。「入院している」というよりも「収容されている」という感じだ。当たり前みたいに面会なんて誰もこないし五十年もこの中だけで暮らして外に出てないってんだから、会話すら難しい。だからそこの病院に関しては、二週間入院したところで少しだけ怖くなって、担当医になんとかお願いして、無理やり退院させてもらったのだった。

建物も相当に古く、人里離れた山奥にあって、いかにも昭和の時代の精神病院というところだ。『セーシン・ブンレツビョー』の人がいっぱいいそうな雰囲気で、いや実際いっぱいいるんだけど。だから、なんというか、入院はなるべくなら避けたい。だって、まだ若いし、なんとかなるかもしれないから。私は。

いくら精神病の白痴離人女子高生とは言っても、多感な、いわゆる思春期だから、何か思うことは多少あるのかもしれないけど、今はそれすら思い出せない。ロリコンどもから掠め取った金や、ヤフオクで転売して得た金。そんなあぶく銭で買ったヴィヴィアンウエストウッドで全身を包み、他の高校生に笑われるような制服の着こなしをして、ニーチェフロイトを読み漁り、共依存対象を朝から晩まで振りまわす。挙句、一人きりになった瞬間、自己嫌悪に陥り手首を切る。気付くと完全に手遅れな、人生を点で捉えるタイプの頭の悪いメンヘラと化してしまった。

何故?と聞かれると、わからない。

小学生の時に診断されたナンチャラ発達障害が原因かもしれないし、史上最悪な家庭環境が原因かもしれない。十二歳の夏に火炎放射器で脅されながらレイプで失った処女のことや、母親の再婚相手に毎晩犯されていたことも、心の隅では、本当は少し気にしているのかもしれない。こう、書き出してみるとひっでーな。大人が悪くて、私は悪くないとしか言いようがない。

いや、そんなことより、クソ。間違えて静脈を切ってしまった。結構な量の血が吹き出る。明日は、八月十一日。どうしよう。外は、家の中よりも暑いかな。ベッドも制服も赤く染まる。そういえば、シンジは何してるかな。パパは〜。ん〜、ああ、気持ちの流れがない。腕がぬるい。気持ちいい。

窓からはやはり、時間の概念を失ったかのような空がジロジロと私の愚行を覗いていて、その気持ち悪さは私を嘲笑する人たちの雰囲気と、とても似ている。

これが私の、十五歳の夏の空だ。私だって思う。こんな青春時代、完全にナシ。

f:id:pen65ron:20171021140133j:plain

 

とりとめのない憎悪

僕の過去をかんたんに馬鹿にして、今の僕までをも差別する奴が憎い。殴り殺したいくらい憎くてたまらない。
僕は生まれつき発達障害だ。ジェンダーの問題もあるし、家庭環境は劣悪そのものだった。後天的な病もある。しかし生きてきた。ふつうは体験しないことをしているというだけで、他の29歳と同じように毎日の時間を積み重ねたから、今ここにいるのだ。
お前らのゴミみたいな物差しで僕を測れると思うな。僕がお前らを理解できないように、お前らだって僕をわかるわけがない。わかっているフリをしていても何ひとつわかってないどころか内心ではバカにしていることがバレてないとでも思ってんのかよ、差別する材料に富んでいるから見下し易いのだろうが、僕はお前らを許さない。忘れない。
障害、性別、家庭、学力、外見、あらゆる面で僕を馬鹿にして笑った奴は総じて定型発達の、何も考えずこの世にただ身を任せるようなゴミ共だった。

124人のゴミ共聞いてるかよぉ、お前らは僕を忘れただろ?僕はお前らを死んでも忘れねぇぞ。家族に尽くして仕事に励んで平和に生きてるてめーも実はこうやって誰かに死ぬほど恨まれてるということを忘れんな

何もないって言うな
今の僕 何もないって言うな
殺す絶対 殺す

ブログ、承認欲求のオバケにのっとられました。

このブログは自己愛と自己否定の二種類しか原料がない。
どこを取っても自己だらけなゴミの掃き溜めだ。
公開ページを見るたび吐きそうになるくらい気持ち悪くて、なのに、自分でお気に入り登録してしまう。誰かに向けて有益な情報ばかり書いてるブログはたとえ金儲けのためだとしても、めっちゃ偉いな。自分の内の顕示欲を満たしたいだけの僕は、金なんていらないし誰でもいいから読者になれ、お気に入り登録しろと、そう思ってるよ。

そして今日はどんな自己愛を噴出させたいのかというと、僕はブログや文章のネタがないという状況に陥ったことがなくて、むしろ書きたいことが山ほどありすぎて、なのでこの自己愛ブログに捨てるべきネタをリスト化しようと試みたんだけど。途中で、きりがないことに気づいてやめた。
暇だなと思ったでしょ、ところがどっこい僕は仕事の納期を何件も伸ばしている。金になる仕事を放っておいてまで自分のことを書きたいかって、わかる、気持ち悪い。超気持ち悪いわ、死ねよな。

でもまあ、なんでもいいから見てね。読んでね。

途中までのリストをまとめたので気になったタイトルがあったらいってね。そんなんなくても書くんだけどね。

 

 

  • 先代ジョン子と二代目ジョン子
  • 人の死体と宗教
  • ならいごと
  • クラシックの時間
  • 母のともだちとやら
  • 両親離婚の一部始終
  • テレホンカードコレクションの終焉
  • お嬢様、貧困にあえぐ
  • サーモン丼と鉄拳2
  • 地獄のドライブ
  • 心霊ハウスでの体験
  • 結婚相手のこと
  • としょがかりへのプライド
  • さくま先生とりか先生
  • 盆踊りの泊まり込みイベント
  • 往復6km
  • 体育は無理、家庭科も無理
  • 仮病じゃねえんだよ
  • 児童相談所というところ
  • 消火器での応戦
  • ひまわり学級
  • つけられたあだ名数、ギネス記録
  • ユーレイかなんか
  • 妄想癖と水難事故
  • リリィとミミィ
  • チューリップ
  • テレビ
  • ゆめにっき
  • 教会のにおい
  • 天文学者
  • 12歳のルーチンワーク
  • はっきり芽生える自己顕示欲
  • 暴力は犯罪
  • カタギじゃない人に可愛がってもらった話
  • 12歳の財布には15万
  • どこのグループにも属さない不良
  • 借金と自己破産
  • 「祈り」の優先度
  • タトゥーの話
  • セクシャルマイノリティーの分岐点
  • セクマイと一緒にサボる幼児
  • 毎朝もらう、500円玉の価値
  • 初体験の記憶
  • 登場人物全員ロリコン
  • 悲しきロリータコンプレックス
  • 黒い自転車
  • 全性愛とは
  • ゲイ特有の共感性羞恥
  • 同性とのセックス
  • プリミティブな性癖、開拓した性癖
  • 僕の無茶苦茶なSM論
  • 有名変態AV監督がやはり特殊性癖だった話
  • セックスをやめたら
  • 今の自分が生きてる世界は一体どこか
  • 性的虐待の様子を事細かに書いてやる
  • 覚せい剤の真意
  • アルコホリックな人生
  • 喫煙取締に思うこと
  • 精神だけじゃないぞ!大乱闘ビョーキブラザーズ
  • 統合失調症
  • 幻覚アンド幻聴
  • 双極性障害
  • 解離性障害
  • 偏食と摂食障害
  • 抜毛症
  • 希死念慮と自殺
  • 自傷のドミノ
  • 依存症
  • 依存症自助グループはコミュニティではなく概念である
  • アニマルセラピー
  • 閉鎖病棟 総集編
  • 閉鎖病棟でのコミュニティ
  • 閉鎖病棟での食事
  • 閉鎖病棟での時間つぶし
  • 閉鎖病棟での恋愛事情
  • 田舎の閉鎖病棟、この世の地獄
  • 閉鎖病棟の中の更なる閉鎖空間、ガッチャン部屋
  • 入院中の殺人事件
  • 精神病棟の看護師達は楽しそうに働く
  • まっちゃん先生
  • ナミさんが死んだ日
  • タツヤが死んだ日
  • めちゃくちゃ陽気なバスジャッカー
  • 悪魔に取り憑かれた女マホちゃん
  • ミナミさんとリサちゃん
  • エリートのいずみんが疲れちゃった
  • 大麻式人間兵器MATTz
  • あなたは人間ではありません
  • エレンと包丁の相性
  • 黒川かなり強い
  • おかまの転校生
  • レズビアンの先輩
  • 二人目の「父」
  • 三人目の「父」
  • 二人目の「母」
  • 三人目の「母」
  • 異母兄弟 その1
  • 異母兄弟 その2
  • 元/少/年Aと僕の関係
  • 孤独の正体
  • 選択肢のない子供
  • 健全な実妹

日記

昔、恋人だった人と電話でケンカした時に「アリーは感情が2つか3つくらいしかない」と言われたことがあった。言葉の意図は決して哀れみとかではなくて、アスぺの僕にもわかるくらいに「短絡的で頭が悪い」というようなニュアンスだった。

僕はこの時、かなり呆気にとられた。
なぜならそれまで、自分は人の何十倍も物事を考えていて、とても複雑な人間だと確信していたからだ。「多分、みんなそう思ってるよ」と追い打ちまでかけてきたから、僕は返す言葉もなくて、そのまま電話を切って落ち込んで、何より腹が立ってしょうがなかった。

・・・という経験談を今日夫に話したら、
「きみはアウトプットが下手なのもあるけど、前提として他人に見せている部分が5%くらいしかないから勘違いされたのでは。俺もきみをわかっているようで全然わからん。でも、誰も考えの及ばないようなことをいっぱい考えていることはわかるよ」と、早口で言った。僕は「わかってんじゃんかよお」と言って缶チューハイを開けた。

けれど内心ではわかっているよ。僕は短絡的で、頭が悪いのだ。衝動性でしか行動できないような、野蛮な人種なのだ。夫はそんな僕を見透かして、僕の望む言葉を言ってくれただけなんだろう。

虚しい夜だな。

 

夏の終りの祈り

窓を開けたまま横になって

しずかに部屋の灯を 消す

暗く視界のない部屋に入り込んでくる

そよ風のにおいは もう ほとんど秋だ

風を思い切り吸い込んで

真っ黒の肺を 秋で膨らませてみる

 

そろりとやってきたのは 思春期だ

哀しみと憎しみ 孤独と苦悩

それしかない、

それしかない思春期のできごとが

もう三十歳にもなる僕を いじめる

 

暴力、虐待、SEX、ロリコン覚醒剤

児相、閉鎖病棟、金、家族、同性愛

 

あの日の僕に会えたなら 会えたなら

きみの明日は、未来は、まだある。

まだ完全に奪われたわけじゃないんだ

と そう声をかけて 強く抱きしめたい

 

思春期のきみは

きっとそんな僕に 怯えた瞳を向けて

無言で殴るだろうね

僕のことだからわかる よくわかる

 

きみを 知ってるんだ

きみが信じる人間は

もう会えない実父と

テレビの中の金八先生しかいない

そんなことも知ってるぞ

でも笑わないよ

 

まだ現代にタイムマシンがなくて

ごめん

こうして十数年後の未来から

ただの祈りを捧げることしかできなくて

本当にスミマセン

どんな渾身の祈りも届かぬということ

きみは知っているのに

 

胸が潰れた

苦しみに頼まれて断れず窓を閉めた

どうして、どうしてこんなに

 

お願いします

大人の僕の方で良ければ 何でもします

命もいりませんので どうか

あの子を慈しんでください

 

受験、いじめ、不登校、部活、教師、友達

そんなことで悩むような

健全な暮らしを日常を

どうにか与えてください

どうか、このとおりですから

どうかお願いします

 

祈りは

どんなちいさな祈りも

本当は届くということ

今の僕は知っています

傘と包帯

早乙女まぶた氏主催の詩集に、いいな名義で寄稿しました。

 

note.mu

 

仕事を辞めてから、公私ともに、また文章に向き合うことが多くなった。そしてやはり、自分にはこれだなあ、とも思う。デザインやイラストも好きだけど、仕事としての商業的なものしかできないし、一番ストレートに自分を表現をするアートとしてのツール、しかも仕事もできるというのはテキストが一番だ。

 

※この記事はたくさん文章書いたんですが全部消えて嫌になりました。

 

発狂歴 #1

僕は意外と発狂したことがあまりない。どちらかというと慢性的に少量ずつ発狂しているような感じなので、発作的な、突如の発狂経験は数えるほどである。

その中でも、やはりはじめての発狂が特に印象に残っている(記憶はあまり残っていないのに)ので、ここに紹介したい。

 

♦︎


中学二年、十三歳の、夏の終わりころだ。

 

レズビアンの先輩にストーカーされてしまい、学校へは行けない。しかし家にいると、無職の義理父から性虐待を受ける。だからエアー登校をして、母親の仕事が休みの日だけは家にいられる。その頃から自傷癖はあったもののリストカットという概念がなかったので、自分が対象のリョナ妄想で現実以上の刺激を受けることで気を紛らわすという、健全な中学生とは程遠い日常の最中だった。

母親の仕事が休みで、義理父が釣りへ出かけたある日、母親が今後の学校生活についての話をしてきた。心底どうでもいいというか、虐待を放置しておいて、よくそんな些細な問題について話ができるもんだな、と、呆れた気持ちで聞いていたが、自分は義務教育課程の未成年だから、家庭内における決定権はないし、金も持ってない。じゃあいつまでこの生活が続くんだろうか、なんてことを考えてる間にも母親は絶え間なく何かを一生懸命話しているので、自分の感情が追いつかず理由のわからぬ涙が出てきた。しかし母親は、一方的に話すことをやめなかった。

だんだん、脳内というかまぶたの裏側にノイズがかかったようになって、やがて自我のコントロールが不能になった。断片的な記憶では、二歳児のように大声で泣いて、わけの分からないことを叫んでたと思う。傍から見れば、不機嫌なJCが突然、しかもゼロコンマ何秒で野々村議員に人格を奪い取られたぞ!みたいな感じだろう。それで、何故か服を全部脱いで、裸足のまま外に出て、叫びながら、走って逃げた。

家にいたのにどこへ逃げようとしていたのかは不明だが、間もなく追いかけてきた母親に捕まえられて引きずり戻され、裸のまま首根っこをつかまれ、母親はその状態で義理父へ電話をし助けを求めていた。性虐待の犯人に向けてだ。

「アリーが怖い。おかしくなっちゃったの。助けて!」

と、涙ながらにそう言った母を見ながら僕はそのまま気絶して、ハッと起きてみたら精神病院にぶち込まれていた。

でも、そうなっても、僕は母親に性虐待を受けていることは言わなかった。

これが人生初の発狂だ。

叫ばずにいられない、大声で泣かずにはいられない、頭の中のありとあらゆる情報が、物凄い速度で雪崩のように脳内を駆け巡り、理性にかまっていたら死んでしまうかもしれないかのような感覚。人目だとかプライドだとか、そういうものを考える余地がない。そもそも考えるということが出来ない。極めて原始的な、本能に基づいただけの、原理としては超簡単な、条件反射に近い衝動であるのに、自分が自分でなくなるような、バラバラに割れていく自我を見守るしかないあの感覚は、今になってもとても怖い。でも多分、苦しみの臨界点をこえると、誰でもどんな人でも、こんなふうになるんだと思う。

だって僕だって、自分が自分をコントロール出来なくなるなんて思ってもみなかったし、自己認識やキャラクターに対してのプライドはとても高い上に、普段から家族にも本心を言わない性格だったから、それはもう、すごく恥ずかしかった。

 

そうなの。発狂って、めっちゃ恥ずかしい。