読まれるために書いてないやつ

公開しているので読むのは自由、ただし前記事必ず参照のこと。

 

 

僕へ(必読)

まず覚えていてほしいのは、今日想像した性的対象が実在する知人だということ。
そして、その子を思い浮かべてしまったことで、その子とどうにかなりたいのかもという潜在意識に気づいてしまったこと。

この記事を読み返すたびに、自分の穢れを恥じ、罪をみとめ、祈ってください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かなり乱文
言葉遣いも汚い
人に見せる文として書いてない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


リスカする子だから、まず僕の前でリスカしてほしかった
僕の方じっと見ながらゆっくりジワッと薄く血がにじむ程度のクソしょーもねえリスカがいい、まあ自分でやってるしその程度だから表情かわらないのはわかりきってるけど、でも、いつもみたいにやってみてほしい。どんな痛みで、どれくらいの出血でこの子の安定した精神が保たれているのかしりたいだけだから、リスカしてる間もめっちゃ質問したい

何箇所かやってもらって、流血があれば少しなめたい。味見したい。なければないでいい、切るの交代する。僕がやる番。まだ相手は無表情だと思う。

僕は剃刀じゃなくて、ああまだいいか剃刀で。相手の腕を取る、この子が自分でつけた傷を見て同じくらいの傷をつける
相手はまだ無表情だと思う。白くってきれーな腕!!静脈ギリギリの所まで切って思い切り舐めたい!きれーな手首!


あの子はここでもまだ無表情な気がする、でも多分、僕はもうこの時点で我慢できないと思う一回キスしたい、キスしたら思い切り床にぶん投げたい。打ちつけたらフローリングがゴンって鳴って、目をつむって、ほんの少し痛そうな顔をすると思う。そしたらすかさず馬乗りして追い討ちをかけたい、今までの予想範囲内の痛みとはまたちがった…たとえば首を絞めてみたりして恐怖の顔が見れたら最高殺さないよ殺さない殺さないけど、なんでもいいからこの子の本当の、生きてる感じの表情を見たい。初めてあったときから生きてないみたいだったから、生きてるのを見たい。でも、この子はそこまでの発露はまだしないと思う。次に馬乗りのまま口に指を突っ込んでオエーってしてほしい そしたら生理的な涙は見れると思う苦しい感じの顔もするだろう。そしたらいよいよぼくは耐えられなくなりそうになるけどまたもっかいキスする キスしたらまだ理性が保てる気がする、いや保ててはいねぇんだけど まだ殺さずに済むような気分になる。キスしたらまた張り倒す

相手は徐々に危機を感じて、だんだん怯えてくるだろう。でも僕はもう駄目だからこのへんで多分さっきのしょーもねーリスカの傷のある腕らへんを切るか刺すだろうめっちゃ楽しいと思うなんかわかんないけど笑えてくるくらいには楽しいだろう。そんでとてつもなく興奮するだろう。ここで一度絶頂かもしれない。
相手はいよいよ逃げの体制に入るが、僕は絶対に逃さないし反撃してきたら殺しちゃうから、一旦拘束する。相手は静かに泣いていて絶望してとても可愛いくてギューと抱きしめたい。ほっぺたを噛みたい首を噛みたい耳を噛みたい脇腹と背中をサーって触りたい。太もももサーって触りたい。そんでしばらく今日のこととか昨日のこととか食べ物のこととかアニメのこととかなんでもいいから話したい。質問したいし、質問されたい。笑ってくれとは言わないけどここで穏やかな表情を一瞬でも見せてほしい。話疲れたら、一気に殺したい 刃物で殺したい いっぱい殺したい 穏やかな表情から完全な絶望の表情になった瞬間を、生きた顔を目に焼き付けて、一気にやりたい 息切れするくらいに興奮するだろう アドレナリンが出まくってわけがわからなくなりそう笑うか泣くかとにかく自分もすごい生きてる感じがするんだろう。返り血を浴びればもっと生きてる感じがするんだろう。まさに絶頂だ。 
ふーってため息ついて落ち着いてきたら
最後にもっかいだけキスして、 

そしたらまたいつもの僕が戻って来て、
何事もなかったみたいに帰るんだろうな
そして自分の欲に勝てなかったことを苦しむんだろうな