チョイス

29歳高卒

発狂歴 #1

僕は意外と発狂したことがあまりない。どちらかというと慢性的に少量ずつ発狂しているような感じなので、発作的な、突如の発狂経験は数えるほどである。

その中でも、やはりはじめての発狂が特に印象に残っている(記憶はあまり残っていないのに)ので、ここに紹介したい。

 

♦︎


中学二年、十三歳の、夏の終わりころだ。

 

レズビアンの先輩にストーカーされてしまい、学校へは行けない。しかし家にいると、無職の義理父から性虐待を受ける。だからエアー登校をして、母親の仕事が休みの日だけは家にいられる。その頃から自傷癖はあったもののリストカットという概念がなかったので、自分が対象のリョナ妄想で現実以上の刺激を受けることで気を紛らわすという、健全な中学生とは程遠い日常の最中だった。

母親の仕事が休みで、義理父が釣りへ出かけたある日、母親が今後の学校生活についての話をしてきた。心底どうでもいいというか、虐待を放置しておいて、よくそんな些細な問題について話ができるもんだな、と、呆れた気持ちで聞いていたが、自分は義務教育課程の未成年だから、家庭内における決定権はないし、金も持ってない。じゃあいつまでこの生活が続くんだろうか、なんてことを考えてる間にも母親は絶え間なく何かを一生懸命話しているので、自分の感情が追いつかず理由のわからぬ涙が出てきた。しかし母親は、一方的に話すことをやめなかった。

だんだん、脳内というかまぶたの裏側にノイズがかかったようになって、やがて自我のコントロールが不能になった。断片的な記憶では、二歳児のように大声で泣いて、わけの分からないことを叫んでたと思う。傍から見れば、不機嫌なJCが突然、しかもゼロコンマ何秒で野々村議員に人格を奪い取られたぞ!みたいな感じだろう。それで、何故か服を全部脱いで、裸足のまま外に出て、叫びながら、走って逃げた。

家にいたのにどこへ逃げようとしていたのかは不明だが、間もなく追いかけてきた母親に捕まえられて引きずり戻され、裸のまま首根っこをつかまれ、母親はその状態で義理父へ電話をし助けを求めていた。性虐待の犯人に向けてだ。

「アリーが怖い。おかしくなっちゃったの。助けて!」

と、涙ながらにそう言った母を見ながら僕はそのまま気絶して、ハッと起きてみたら精神病院にぶち込まれていた。

でも、そうなっても、僕は母親に性虐待を受けていることは言わなかった。

これが人生初の発狂だ。

叫ばずにいられない、大声で泣かずにはいられない、頭の中のありとあらゆる情報が、物凄い速度で雪崩のように脳内を駆け巡り、理性にかまっていたら死んでしまうかもしれないかのような感覚。人目だとかプライドだとか、そういうものを考える余地がない。そもそも考えるということが出来ない。極めて原始的な、本能に基づいただけの、原理としては超簡単な、条件反射に近い衝動であるのに、自分が自分でなくなるような、バラバラに割れていく自我を見守るしかないあの感覚は、今になってもとても怖い。でも多分、苦しみの臨界点をこえると、誰でもどんな人でも、こんなふうになるんだと思う。

だって僕だって、自分が自分をコントロール出来なくなるなんて思ってもみなかったし、自己認識やキャラクターに対してのプライドはとても高い上に、普段から家族にも本心を言わない性格だったから、それはもう、すごく恥ずかしかった。

 

そうなの。発狂って、めっちゃ恥ずかしい。