自己救済ツール

いくら文章を書きたいって思っても、すんなり書くことが出来ない。ライターの仕事をすぐに断念した理由もこれだ。一方、文章とは全く無関係のところで結構苦しんだり悩んだりしていると、文章を書かなくてはならないという使命感が芽生えたりする。 そういう…

犬に会いたいだけ

泊村の星空を見たら抑うつが悪化したような気分になった。音も光もない。 ただ空に何万年だか何光年だか前の、今じゃない時の惑星の存在が無数にある。仕事がナンタラとか旦那がナンタラとか、もう知らない。僕はもう生きてく自信が、理由がない。けど死んで…

鬱で、難しい言葉が思いつけない

窓の向こうの向こうから 蜩の声が響く そのどこかから 夜長姫の笑い声が聞こえて 恐ろしい気持ちが流れ込む助けてくれ 夜の窓に映ったぼくの顔は どう見たってもう皺ができていて あれ、ぼくは思春期ではないのか あーはは、疲れちゃったふかい悲しみがぼく…

種オス149の出荷

昨年の12月に初めて種オスの出荷を経験して、あれから4ヶ月経って、今日二回目の種オス出荷があった。2ヶ月弱くらい前に外部の偉い人が来た時、 「日令が行き過ぎているから出荷して新しいオスを仕入れなさい」と言われ、それから149を出荷すると決まるまでの…

題名なし

乱れ宵へ向かって早歩き 瓶底に沈むドス黒い欲望が まだかまだかと ぼくを呼んではほくそ笑む黙れと叫んで汗垂らし グルグルまわるアドレナリン殺し 平常心だって言い聞かす そう、なんてことない色欲街灯が橙色に横顔照らす 全身の細胞がきみを招く どうし…

マイラブリーピッグ

逢引き終えると やって来る 至福と絶望 くりかえす とち狂った外見、忘れられない声、 意外な気遣い、ほどける空間 and more...割愛だけど残った傷跡見返して 希死念慮にとりつかれ 泣いて笑って失って なのにまとめて全部全部 愛してるなんて思ってしまうん…

2018

2018年のこと今年はなんといっても、養豚場への就職がメインの年となっただろう。6月に初めて社長と会って内定した後も、鬱だのアレルギーだの困難な問題が色々とあった。 当初予定になかった夫の内定もあった。 本格的に働き始めたのは9月の末だから、実は…

種オスの出荷に初立会い

ぼくが面倒を見ている種オス967の出荷立会い。967の出荷は見ないつもりだったけど、我が場長が「見ないとダメ(^^)おまえが出荷台まで誘導すんの(^^)」と命令してきたので、仕方なく従うことになった。種オス舎から途中までは場長が967を誘導して、そこから出荷…

養豚をやってみるNo.7〜近況報告

養豚場に入って一ヶ月経った。当初、ガンガン豚を蹴って叩いて出荷してやるつもりで運転免許まで取得して入社したが、アレルギーという想定外のトラブルに見舞われた。回復の兆しはなく、僕がやる予定だった仕事は急遽夫に入社してもらって、引き継ぐことに…

アナログで書いたら画像であげるか

どうやって生きたらいいのかがわからない

自分の現状はひどい。 養豚の仕事はアレルギーが重篤で、現在休職中。 朝4時に起きて、2時間ゲームをして、寝る。 11時頃にまた起きて、さあて今日は何をするかなって、 iPad、iPhone、本、など、ベッドの上に色んなものを広げる。 描きかけのキモいイラスト…

養豚をやってみる〜No.6 出社拒否

初出勤、ずっと夢を見ているみたいな心地だった。終業後も事務所で休みのこととか、福利厚生のこととか、親切な人が教えてくれたけど、ひとつも何も頭に入ってこなかった。どうしようもなく、夫や犬たちに会いたい気持ちになった。特に、犬たちを抱きしめた…

養豚をやってみる〜No.5 後悔

午後はエサやりと水撒きであっという間に終わってしまいそうだ。水撒きの時に、さっきまで元気だった子豚がママ豚に押しつぶされていた。慌ててママ豚を退かして子豚を取り上げると、目は閉じているけど体はまだ暖かかった。でも怖くて、息があるかどうかを…

養豚をやってみる〜No.4 断尾と去勢

出勤初日にやった作業の中で一番にメンタルを摩耗したのが、子豚の断尾と去勢だ。合わせてペニシリンと鉄剤の注射もやるんだけど、それは簡単だし一瞬だからいい。生後間もない子豚を取り上げて、まずは自分の太ももの間に後ろ向きに挟む。子豚はビックリし…

養豚をやってみる〜No.3 生きてる子豚

見回りを終えると、エサ箱の掃除とエサやりをするよう頼まれた。分娩舎なので、母豚一頭一頭、前日の記録を見ながらその豚に見合った量のエサをやっていく。食欲旺盛で元気なママ豚は、僕がエサ箱の掃除をしようとして金具の取り外しを手こずると、すすんで…

養豚をやってみる〜No.2 子豚の死

朝の見回りではその日に生まれた子豚をチェックしたり、衰弱した子豚がいないかをチェックする。細かいチェックが色々あるが、つまりは「死体」がないかを確認して回るのが主な目的だ。難産で死んだ子豚、生まれた後に寒さに震え死んだ子豚、母親が座ったと…

養豚をやってみる〜No.1 初出勤

一年半、社会を断絶し十分に休んだと感じたので、就職することにした。再就職するにあたりグラフィックデザインを捨てて農業というジャンルに絞った。まずは自分が農業高校出身であることと、モノづくりという括りでは農業はグラフィックデザインとは比べ物…

c l e a r

文章を書くのを好きになったはじまりははっきりと覚えていて、小学二年のときに作文コンクールで優勝したことがきっかけだ。 物心がついたと思ったら、その時には既に酷い劣等感が僕を支配していて、何をやっても何にもならないような、今考えると、とても子…

境界がとても鬱陶しいから

このブログは過去の体験や直近の出来事を自分に正直に、何も考えず、ただ自分の純粋を吐露するツールとして存在している。つまりどういうことかというと、メンタルヘルスや発達障害の観点からの言及(フィルター)は極力避けて、欲求や衝動についてただ素直…

人間

毎日クタクタになりながら会社で仕事をする人は、人間だ。ヒステリックになりながらも育児に精を出す主婦も、人間だ。近所のワチャワチャうるせーガキ達も、これからを背負った、人間だ。パリピも人間だし、オタクも人間。 中国人も、メリケンも、一部の原始…

やられたらやり返す

親も、人間だ。 僕は両親が離婚した十歳の時にこれに気づき、以降、親の誰かが目の背けたくなるような滅茶苦茶を起こすたび、この言葉を自らに言い聞かせてきた。 例えば、母親が不倫していることを知った時とか、義理の父親がダイヤルQ2で高額になった電…

ただの日記 つまんないよ

死にたくて死にたくて眠れない日がここのところ続いている。直接的な原因は抗うつ剤の減薬に間違い無くて、あとは、やらなくてはならないことを長期間放置し続けていたツケがいっぺんに来ていて、そんなんが死にたさを後押ししている。でもそれらは、だいた…

テレビ

小学校高学年頃から、クラスメイトがやたらとテレビの話をするようになった。ASAYANがどうとか、めちゃイケがどうとか、主にバラエティ番組の話だったと思う。自然の摂理だがテレビの話ができないとなると特に女子は、だんだん孤立していく。 今でもテレビが…

そんなのアリー【第一夜】

アリかナシかでいうと完全にナシ 薄暗いような、明るいような。オレンジのような、紫のような。朝のような、夜のような。きっぱり断言できない、不思議で気持ち悪い空だ。それともか、ベッドに横になって窓越しに見ているわけだし、この景色はもしかしたら夢…

とりとめのない憎悪

僕の過去をかんたんに馬鹿にして、今の僕までをも差別する奴が憎い。殴り殺したいくらい憎くてたまらない。僕は生まれつき発達障害だ。ジェンダーの問題もあるし、家庭環境は劣悪そのものだった。後天的な病もある。しかし生きてきた。ふつうは体験しないこ…

ブログ、承認欲求のオバケにのっとられました。

このブログは自己愛と自己否定の二種類しか原料がない。どこを取っても自己だらけなゴミの掃き溜めだ。公開ページを見るたび吐きそうになるくらい気持ち悪くて、なのに、自分でお気に入り登録してしまう。誰かに向けて有益な情報ばかり書いてるブログはたと…

日記

昔、恋人だった人と電話でケンカした時に「アリーは感情が2つか3つくらいしかない」と言われたことがあった。言葉の意図は決して哀れみとかではなくて、アスぺの僕にもわかるくらいに「短絡的で頭が悪い」というようなニュアンスだった。 僕はこの時、かな…

夏の終りの祈り

窓を開けたまま横になって しずかに部屋の灯を 消す 暗く視界のない部屋に入り込んでくる そよ風のにおいは もう ほとんど秋だ 風を思い切り吸い込んで 真っ黒の肺を 秋で膨らませてみる そろりとやってきたのは 思春期だ 哀しみと憎しみ 孤独と苦悩 それし…

傘と包帯

早乙女まぶた氏主催の詩集に、いいな名義で寄稿しました。 note.mu 仕事を辞めてから、公私ともに、また文章に向き合うことが多くなった。そしてやはり、自分にはこれだなあ、とも思う。デザインやイラストも好きだけど、仕事としての商業的なものしかできな…

発狂歴 #1

僕は意外と発狂したことがあまりない。どちらかというと慢性的に少量ずつ発狂しているような感じなので、発作的な、突如の発狂経験は数えるほどである。 その中でも、やはりはじめての発狂が特に印象に残っている(記憶はあまり残っていないのに)ので、ここに…